HOME > サービス案内 > 手法別に見る > アジアリサーチ

アジアリサーチについて

当社のアジアリサーチは

タイ(バンコク)でのコンサル・流通事情に詳しい日本人経営企業と協力し、アジア主要都市での調査が可能に!最大のメリットは、すべてを日本で日本語環境のままハンドリングできるということ

アジアリサーチのしくみ(協力会社のポジション)

アジアリサーチのしくみ

当社から、タイ(バンコク)にある「shyu company limited (シュー・カンパニー・リミテッド)」に協力を依頼。シュー社の持つ、オリジナルのアジアネットワークを活用し調査を実施します。

当社ネットワークの特徴(メリット)

大手グローバル調査機関のネットワークがメールや電話を使った英語のコミュニケーションであるのに対し、当社ネットワークは日本語でのコミュニケーションが可能でキメ細かいオーダーや確認ができます。

  • 現地の優良企業であり、グローバル展開をしている企業ではありません。(→コストダウンに繋がります)
  • 各調査機関の実施経験が豊富でクオリティ面での問題はございません。
  • 海外エリアのみの調査についても、すべての窓口は当社で一元管理されているため、プロジェクトの進行管理がスムーズです。
  • 上海・バンコクに日本語と現地語に堪能な責任者が常駐しており、スムーズなコミュニケーションが可能です。
    注)中国語・タイ語圏以外に関しては、英語でのやり取りとなります。

調査手法

上記の各エリア共通で、訪問面接調査、CLT、グループインタビュー、店頭観察調査などの実施が可能です。
インターネットリサーチにつきましては、調査テーマを検討の上ご提案させて頂きたいと思います。
(階層社会という問題上、物理的に「可能」でもふさわしくない場合がございます。
プロジェクト進行フローについてはこちら

実施可能エリア

下記のマップの中で網掛けの国については実施が可能です。(主に印の都市で実施)
※網掛け以外の国、または、★印以外の都市については、実施が可能な場合もありますので、一度ご相談ください。
概算費用はこちら

実施可能マップ

アジアでの自主調査

タイにスポットをあて、現地の事情を探る自主企画調査を実施し、その結果(情報)を定期的にご紹介して参ります。

なるPhoto! アジアfile

アジアが熱い! 当社「アジアリサーチ」による調査結果レポートや最新アジア事情をCheck it out!

トップへ戻る